福岡県直方市にある須賀神社

 1350年以上の古い歴史がある神社です


平安時代の貞観3年( 861年)

境内に隕石が落ちてきたと言う不思議な神社です

隕石は直方隕石と呼ばれ

世界最古の隕石として知られています


宇宙を身近に感じることができるパワースポットの神社です


境内には隕石のレプリカと記念碑が建てられています


御祭神

素戔嗚尊(スサノオノミコト)

保食神(ウケモチノカミ)

吾勝尊(アカツノミコト)


三の鳥居の額は祇園社となっているので

もともとは祇園社と言っていたようです


神社の始まりは

約 1350年前に岩熊麻呂が神憑り

この地に素戔嗚尊をお祀りし

武徳神社としたのがその始まりです


その後貞観15年(873年)に祇園神社と改め

境郷の総鎮守として人々の信仰の中心となっていました


明治以降は須賀神社と改まり

国家安泰  家門繁栄  無病息災  

開運厄除   五穀豊穣   商売繁盛 

学業成就など

人々の生活と安全を守護されています



須賀神社

福岡県直方市大字下境1244 


西鉄バス須賀之橋バス停より歩いて2分


直方市役所より1.5キロ行った

下境地区にあります


直方隕石について

貞観3年4月7日の夜境内に隕石が落下

翌日に深くえぐられた穴の底から

黒く焦げた石を掘り出して

桐箱に収めて保存したと言う

地元の伝承があります


重さ480グラム高さ7.3センチ周囲18センチと記録されているそうです

その後の調査で

重量472グラムのL6ーコンドライトの石質隕石であることがわかり

世界最古の落下目撃記録のある隕石として

正式に認められて

落下した地名から直方隕石と命名されました


現在も天から飛来した石として

丁寧に桐箱に収めて保管されているそうです


その須賀神社の裏手にある宮浦公民館で

直方市より依頼を受けて

美健氣功をさせていただきました










Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM