富士山登りたいんですよーから始まり

わたしも去年から思ってたーと同感し息子も加わり5人で行く事になりました


英彦山に何回か登り

富士登山の装備を買いそろえ

3人は車で出発

12時間くらいかかるね

2人は新幹線で

富士宮で合流




シャトルバスにゆられ

富士山五合目に到着

少し体を慣らして

登るぞーと

昼すぎから曇り空の中

ゆっくりと登りはじめました



六合目あたりから

少しずつ酸素が薄くなり

雨が降り出し

ゴロゴロ雷が鳴りだし


少し歩いたら休みで

何軒かの山小屋を通過しながら七合目から八合目になるところで真っ暗になり


ヘッドランプをつけて岩場をひとつひとつ上がっていきました


夜暗い上に

わかりにくい岩場

雨とゴロゴロ

の3点セット


引き返す事も難しくただ上を目指してゆっくりと登って行き予約していた山小屋までは到底たどりつけそうにない為

急遽3000メートル地点の山小屋に変更し

高山病の方を少しでも早くやすませてあげ1日目終了



2日目の早朝

なんと

なんと晴れわたり

御来光がバッチリ

雲海たなびく中の朝日は

なんとも格別でした


朝日を浴びながら

朝6時から山頂めざして

岩場をひたすら登り

酸素ボンベを吸いながら

ひたすら登り

もやと倍速に早い雲と風

上になるほど

またたく間に天候がかわり

だんだん冷えて


富士山の山頂が見えるーと思っていたのは九合目で

更に上が見えてくる


岩場と砂地の繰り返しをひたすら登り

酸素が薄く薄くなってくるのを体感

酸素ボンベを吸うと

目がパッチリ頭までクルクルと血が回りだすのがわかるよ


そして昼すぎ

5人とも無事山頂到着ーーー






しかし苦しいのは

それからでした


下りは楽勝やろーと

みんな思っていたのが


足先が痛くなり

天候は風邪が吹き

砂が舞い

小雨が降り

酸素は薄い


長い

いつまで歩いてもまだ3000メートル代

なかなか2000メートル代にならないーーー


足のピークは越え


しかしこの身は自分で運ぶしかなく

ただただひたすら歩く

一歩ずつ


またまたあたりが薄暗くなり

ヘッドランプをつけ

最終のシャトルバスに乗るべく

無言で歩く下る


心の中で

親指痛いー

足きついー

まだ着かないー

あー暗いー

限界超えてるー


しかしこの身は自分で持って行くしかなく

ひたすら降りる歩く


滑り込みでシャトルバスに間に合い無事2日目終了


富士宮のホテルに着くや

風呂に入り食事をし

爆睡でした


富士山は山が神山でした

上に行くほど

人の住み場ではなく神の領域でした

人に出来る事なんて小さい小さい


5人みんなで無事登頂し

また下山し

帰ってこれて

あーー良かった良かった(笑)

私はおかげさまで

高山病にもならず

あまり日焼けもせず

しかし

足パンパン

足先痛いー

ふくらはぎ太もも筋肉痛

です

ありがとうございました😊

楽しかったです





Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blogs.atkurara.com/trackback/983

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM